スポンサーサイト

2013.09.08 Sunday -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    福田繁雄大回顧展 札幌展

    2012.09.22 Saturday 雑記

    お久しぶりでーす。

    さて暑く長い夏も終わりましたが、

    何をしたかというと特に何もしてはおりません。

    あ、東京には足を運んだりしていますが。

    特に思い出に残っているものと言えばこちら!


    芸術の森で催された
    「福田繁雄大回顧展 札幌展」
    〜ユーモアのすすめ〜

    芸術×ユーモア と聞いては行かない訳にはいきますまい。

    ざっと、作品を紹介。

    日本の切手で構成されたモナリザ。
    今ではデジタルでこのようなものを作る技術があるが、
    これを作ろうという最初の発想、構成してしまうところがすごい。


    その作品の完成を見る福田さん。
    身体を流れる芸術の気(オーラ)を流し込み、壁に立つ事が出来ます。
    芸術家としては初歩の芸当。本当に恐ろしいのはその腹筋力か。

    「速く走りたいと願った牛」「希望を持たなくなったキリン」
    「速く走りたいと願った牛」「希望を持たなくなったキリン」
    タイトルが秀逸な作品も数多くありました。


    この作品は以前から知っていました。
    頭をひねらさせるような印象深い作品です。

    「ランチはヘルメットをかぶって・・・」
    一見、フォーク、スプーン、ナイフが乱雑に絡み合った物体ですが、
    一定の箇所からライトをあてると、あるシルエットが浮かび上がります。
    タイトルは「ランチはヘルメットをかぶって・・・」


    他にも素晴らしい作品の数々でした。
    基本的に福田さんの作品の根底にあるのは、
    常識や概念を覆そうとするユーモアの精神であり、
    人を楽しませるエネルギーが溢れていました。


    単純にとても楽しく、勉強になる展覧会でした。


    記念に買ったおみやげっ。
    福田繁雄大回顧展


    JUGEMテーマ:展覧会

    スポンサーサイト

    2013.09.08 Sunday -

    • Check
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • -
    • -
    • 0
      • -
      • -

      コメント

      コメントする








      この記事のトラックバックURL

      twitter

      Search

      Links